債務整理を申し込む前に読むサイト! ※デメリットも徹底比較

債務整理を申し込む前に読むサイト! ※デメリットも徹底比較

債務整理をすれば、借金は完済できるのか?

 

債務整理をすれば、借金を完済できるようになります。
理由は非常に簡単で、債務整理の目的が債務の弁済に困窮した債務者を救うことだからです。
債務整理は、借金を背負った債務者に対して罰を与えるための法律では決してありません。
基本的に、借金を免責するだけの事由があるのならばたとえどのような原因によって借金を作ったとしても債務者は救済されるようになっています。
その証拠に、債務整理の手段は一つではなく様々なケースによって手段が四つに分かれているのです。
債権者と債務者の話し合いによって問題を解決する任意整理と特定調停、強制的な減額請求をすることによって債務の問題を処理する民事再生、そして、債務の存在自体を完全に消してしまうことができる自己破産の四つがあります。
前者二つの話し合いを行なえば、両者にとって都合の良い債務の契約を新しく更改できるようになりますので、借金の完済は実現できます。
また、後者二つを選択するのならば借金の減額請求をすることができるのですから完済も楽になりますし、そもそも自己破産を利用すれば借金の完済自体必要なくなるのです。
このように、債務整理を利用することによって債務者に対して発生するデメリットは存在せず、簡単に借金問題を解決できるようになります。
自己破産後の不安やでメリットは自己破産したら

 

債務整理後はクレジットカードを作れるのか?

 

借金を行うと、その元金はもちろん、利息も支払っていく必要がありますので、その場しのぎに借りるのではなく、しっかりと返済計画を立てておくことが大切です。
そしてキャッシングやカードローンは特に利便性が高く多くの方が利用されていますが、それゆえに使いすぎてしまったり、新たな借入を増やしてしまうこともあります。
さらに何らかの理由で収入が落ちてしまうようなことがあると、返済が厳しくなってしまうことがあります。
返済が厳しくなってしまった場合は債務整理が行われ、この方法にも任意整理、民事再生、自己破産など様々あり、それぞれに合った方法で整理していくこととなります。
債務整理では借金がかなり減額され、返済がより楽になるメリットがありますが、デメリットについても考えておきましょう。
特にクレジットカードが作れるかどうかは気になるところですが、債務整理を行うと信用情報の事故情報となり、その記録は完済してから5年間は消えないとされています。
それゆえ、こうした記録が残っている間は新たにカードを作るのは難しいと言えるでしょう。
とはいえ、今後一切クレジットカードを作れないというわけではありませんので、まずは今ある借金を完済し、その後はお金で困ることのないよう気持ちを引き締めて生活することが大切です。
デビットカードの場合は銀行に預けている金額のみの利用なのでカードが作れますが、こちらは一括払いのみで分割払いやキャッシングには対応していません。

事例に学ぶ債務整理入門 事件対応の思考と実務/債務整理実務研究会/野村創 編:債務整理実務研究会 ほか執筆:野村創 出版社:民事法研究会 発行年月:2014年05月
http://store.shopping.yahoo.co.jp/boox/bk-4896289404.html

東京ラブソープ.bizはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ